施工する側のモラル

照明器具取替え依頼があり現場に向ってみました。

早速、器具を外し電線を軽く引っ張ってみると何やら動きが硬いような。。。

 

 

周りを少し崩して穴を大きくしてみると、電線が挟まっています。

ヤワヤワ引っ張ってみよう。

 

取付ビスがギリギリのところで打ち抜いていませんでした。

しかし、電線がドンドン出てくる。。。

穴を広げたところをしっかりコーキング材にて防水処理。

 

コレで安心。さっ、新しい器具を取付ましょう。

あのままでは、取付ビスをねじ込んでいる際に電線に当たっていても判らないし

過熱の恐れもあるだろうし、決していい事はナイでしょう。

「安全第一」「責任施工」です。

で、これが取り付けてあった照明器具です。

よく、漏電しなかったなぁ。。。

 

コメントをどうぞ